iPad POSレジのNEXPO(ネクスポ)

TEL:03-6402-5321(平日9:00~18:00)

iPad POSレジって?

独立して新規にお店を立ち上げる際に「POS」という言葉が疑問点としてあがるのではないでしょうか?

ここでは独立・起業による出店の際に重要な「POSって一体何なの?」という疑問の解決と、POSレジを利用するメリット・デメリットをご説明させていただきます。

 

■そもそもPOSレジとは?

POSレジのPOSとは「Point Of Sales」という略となります。

直訳すると「店舗販売時点情報管理」となり、漢字ばかりで意味が理解できないかと思います。

一般的には、スーパーや飲食店、アパレル・雑貨店で良く扱われる右記写真のような機械のことをPOSレジと呼びます。

この機器は、商品の金額を計算し記録するだけでなく、お客さんが商品を購入したタイミングで、商品名や価格、購入者の性別などの様々な情報を記録して分析を行うことが出来るシステム機器となります。

また、記録された商品・価格等の情報は日々蓄積されることによって、店舗の問題点を数値情報として明確にしてくれます。
数値を読み解きしっかりと分析することで経営改善に大きく役立つことができます。

 

 

■POSレジの値段

そもそもPOSレジっていくらかかるかご存知ですか?

お店に行くと、当たり前のように導入されているレジとなりますが、

POSレジは意外に高く、1台あたり、初期費用だけでも100万以上はかかる機械となります。

もし3店舗展開してるお店様が普通の専用POSを導入しようとしたら、300万円はくだりません。

 

 

■レジ と POSレジの違いとは?

「レジ」 = 「POSレジ」 と認識されている方が多くいるかと思いますが、正確には正しい認識ではありません。

「レジ」とは「キャッシュレジスター」のことを指し、商品の金額を計算、記録し、不正を防ぐために発明された機械となります。

一方「POSレジ」の「POS」とは「POSシステム」のことを指し、商品名や価格、購入者の性別などの様々な情報が「いつ?」「どこで?」「何個売れたか?」などを数値的に把握できるシステムとなります。

つまり、「POSレジ」とは、「POS」と「レジ(キャッシュレジスター)」が組み合わさったシステム機器ということになります。

 

 

■POSレジ を利用するメリット・デメリット

POSレジを利用するメリットは様々ありますが、大きなメリットとして下記3つのメリットがあります。

 

1. 人気商品や顧客情報の把握・分析

POSレジで読み取って会計をした商品は、「いつ」「どこで」「何個売れたか?」などをリアルタイムで把握することが出来ます。

これらの情報を細かく分析することで売れ筋商品の把握や、ユーザーが購入しやすい商品を理解することが出来ます。

また、これらの情報を活かしリピートユーザーを増やすための施策や、店舗レイアウトの検討といったマーケティングツールとしても活用出来るメリットがあります。

 

2. セキュリティの強化

レジを利用したスタッフの履歴が残ります。そのため、「いつ」「誰が」「どこで」会計作業を行ったかを確認することが出来ます。打ち込み不正の防止にも繋がり、健全な店舗運営にも繋がります。

 

3. 業務の効率化

POSレジは、あらかじめPOSレジ内に商品の金額を設定することで、正確でスピーディーなレジ会計作業を行うことが出来ます。

また、金額の打ち間違いの防止ができ、店舗オペレーションに不慣れな新人スタッフも安心してレジ業務を行うことができます。

自動釣銭機と連動することで、お釣りの渡し間違いによる人的ミスも減り、よりレジ業務がスムーズになるメリットがあります。

 

 

■スマートフォンで利用できるPOSレジ

昨今ではスマートフォンの普及により、iPad、iPhoneでもPOSレジを利用できるようになりました。

iPad POSレジの特徴としては、従来の機器と比べコンパクトで導入費用が安いだけじゃなく、オシャレな空間にも違和感なく取り入れられる特徴があります。

その為、アパレル、美容院、雑貨店、カフェなどおしゃれなお店でよく取り入れられるようになってきました。

独立や起業の際に発生するレジコストを抑え、店内を綺麗に見せたいお客様は、スマートフォンで利用できるPOSレジをご検討頂くのはどうでしょうか?

 

TOP / トピックス / 特設 / iPad POSレジとは?

NEXPO(ネクスポ)のダウンロード

iPad POSレジ NEXPOは下記の「App Store」よりダウンロード出来ます。

app storeへ
App Storeに遷移します

QRコードの読み込みはこちら
QRコードの読み込みはこちら