メガネのレジとは

眼鏡店向けの顧客管理レジ メガネのレジ

10店舗未満の眼鏡小売店に向けた、リピート率向上と業務負荷を削減し、売上の増大と費用の削減を行い、利益を追求するiPadとパソコンを使ったクラウドシステムです。
「紙作業を極力減らしたい」「売上と在庫と顧客情報がバラバラになっている」「バックヤードの作業を減らし表に立つ時間を増やしたい」「来店したお客様に適切なフォローを行いたい」「この商品が、なぜこの お客様に売れたのか知りたい」「今使っているシステムが高い」等々、眼鏡小売店の皆様が抱えるお悩みを「もっと安価で気軽にシステムを導入して頂き、リピート率の向上とお店の業務が軽減されることを知ってほしい。」という思いで、メガネのレジが誕生しました。

大手眼鏡小売店向け
システム開発で得た業界ノウハウを注入

一般的な売上(レジ) 管理・顧客管理・在庫管理システムでは眼鏡業界特有の内容に沿っておらず、使いにくいと言うお話を良くお聞きします。
弊社では約20年前より大手眼鏡小売店様の店舗業務・本部業務システムのサポートをしております。ここで得た業界特有の販売方法や顧客管理、在庫管理をメガネのレジに取り入れることで、より使いやすくしております。

登録するだけではなく、
利用し活かすシステム

これまで眼鏡業界には、業界に沿ったシステムはありました。ただし、顧客管理はAシステム、在庫管理は 手書き売上管理は、Excelかメカレジでデータが全部バラバラになっています。このことから、登録するだけに留まっており、利用し活用することが少ないと感じています。

私たちでは、データが繋がっていることでお客様一人一人のご来店から検眼、フレーム(レンズ)選び、在庫検索、お会計までの接客の流れ をiPadを活用することで実現致しました。これにより、新規のお客様であれば、お客様が居る場で登録が行え、きちんとした顧客情報の取得、既存のお客様であれば紙情報を探す手間を省くことが可能になります。
更にはキャンペーンDMを打ったお客様が来店され販売した情報が蓄積しますので次回、どのお客様にどのようなDMが有効になるか施策を練ることが可能になりますので、無駄なDMを削減することができます。

顧客満足度を
高めるシステム

スタッフによって接客にバラつきがあるとお聞きします。熟練のスタッフは検査項目以外に病気の有無や趣味趣向、使用用途、今後のイベントを把握し、お客様へご提案しています。
メガネのレジでは、このような熟練のスタッフが把握する内容をシステム化することで、スタッフ毎の接客の質を高めていくことができます。

ただ、折角接客を高めてもお客様の7割が、お店を忘れていく傾向があります。これは眼鏡業界にとどまらず小売業界全体がそうです。他の小売と違って眼鏡は、購入サイクルが長いのが特徴です。7割忘れていき、且つ、購入サイクルが長いとより忘れる頻度が高くなり来店数が減っていってしまいます。

メガネのレジの真価は、お客様にご購入いただいた後から始まります。アフターフォローに特化することで、フォロータイミングを1週間、3週間、1カ月、3カ月と一つのサイクルとしてアラートを上げるので、 お客様にお店の接客を印象付けることが可能になります。
お店を忘れられないようにすることと顧客満 足度の向上を図り、リピート率の増大を狙います。

HOME > メガネのレジとは

メガネのレジは、バージョンアップを繰り返し、
お客様をサポートし続けます。

眼鏡店向けの顧客管理レジ メガネのレジ
Copyright © 2020 メガネのレジ All rights reserved.